フィットネス

【決定】ジム・筋トレのイヤホンは断トツで「AirPods Pro」がおすすめ!

ジムで筋トレをしたり、ランニングをしたりするときに音楽を聞くことで集中力が高まりますが、そのときに重要なのがイヤホン。

以前までは、Anker Soundcore Liberty Neoを使っていたのですが、このたび「AirPods Pro」に乗り換えました。

結論からいうと、AirPods Pro最高すぎます。

Anker Soundcore Liberty Neoは約5000円。AirPods Proは約3万円とかなり高いのですが、やはり高いだけあります。

耳への装着感は抜群ですし、ノイズキャンセリング機能も付いているのでジム内の騒音をかなりカットすることができます。

本記事では、筋トレのイヤホンは断トツで「AirPods Pro」がおすすめな理由を解説したいと思います。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/10/17 00:17:54時点 Amazon調べ-詳細)

筋トレのイヤホンは「AirPods Pro」がおすすめな理由

筋トレのイヤホンは「AirPods Pro」がおすすめな理由を解説します。

ノイズキャンセリング機能がすばらしい

AirPods Proの売りでもある「ノイズキャンセリング機能」は、評判どおり優れています。

ジムの中の余計な音は聞こえなくなります。

たまにいますよね、「ランニングマシンでガンガン音を立てて走る人」や「トレ中の声がうるさい人」。

「ノイズキャンセリング機能+音楽」で、こういった騒音とはおさらばです。

ノイズキャンセリング機能をONにすると、スーッとジム内の余計な騒音がカットされます。ただし、ノイズキャンセリング機能だけだと、余計な雑音は消えるものの、大きめの音は聞こえてきます。

しかし、音楽をかければ一気に騒音は聞こえなくなります。よほどの大きな音でなければ飛び込んできません。ジムでかかってる音楽も聞こえなくなります。

耳のフィット感が抜群

過去にいくつかのワイヤレスイヤホンを試してきましたが、AirPods Proの耳へのフィット感は抜群です。

ほんとに軽くてコンパクトなので、耳に付けているのを忘れるときがあるくらいです。

イヤーチップもS、M、Lの3種類が付属しているので、自分好みの装着感に合わせることができます。

走っていても落ちる心配はありません。

また、振動も響いてくることもありません。イヤホンによっては、走っているとガサガサといった振動が響いてきてしまうのですが、AirPodsはまったく響くことはありません。

外部音取り込みモードもあり

外部音取り込みモードにすると、AirPods Proの内蔵マイクが周りの音を拾ってくれ、周りの音が聞こえるようになります。

外の音も聞きたいといった場合は、モードを切り替えればOKです。

外でランニングする時など、音を遮断してしまうと危険ですが、外部音取り込みモードにすれば安心です。

サイズがコンパクト

ケース、イヤホン本体ともにコンパクトサイズなので、持ち運びにも邪魔にならない大きさです。

ケースのサイズは以下のとおり。

  • 横幅:6cm
  • 縦幅:4.5cm
  • 高さ:2cm

ケース+イヤホン2つで56gとかなり軽量です。

イヤホンは、3.5cm、各5.5gしかないので、装着感もかなり軽いです。

耐汗耐水性能あり

AirPods Proでは、耐汗耐水性能があります。

完全防水ではないので水に浸るくらいだとダメですが、多少の汗や水しぶき程度なら問題ありません。

ジムで利用する程度の水分に対しては、問題なく耐えられます。

「AirPods Pro」のデメリット

「AirPods Pro」のデメリットも紹介します。

イヤホンで音量調節できない

AirPods Proは、イヤホンで音量調節ができません。

なので、わざわざiPhoneを取り出して操作しなければいけません。音量調節をする機会はそこまでないですが、やや面倒に感じます。

イヤホンの凹み部分を1回押すと「一時停止」、2回押すと「曲送り」になります。

高いので取り扱いに注意が必要

「AirPods Pro」は、約3万円と高いです。

そのため、雑に扱ったり紛失に気を使います。Ankerのイヤホンを使っていたときに、一度なくしたこともあるので、ジムバッグに入れて保管するときは、チャック付きの内ポケットに入れるなどして紛失に気をつけたほうがいいです。

まとめ

筋トレのイヤホンは「AirPods Pro」がおすすめな理由を解説してきました。

Anker Soundcore Liberty Neoから変えて、これほどまでに違うのかと驚きました。

「ジムで聞こえてくる余計な騒音はカットして、とにかく集中したい」といった方は、「AirPods Pro」を使えば間違いありません。

高いのはネックですが、それ以上のメリットをもたらしてくれます。

ぜひ、ジムでの筋トレやランニングのお供に使ってみてください。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/10/17 00:17:54時点 Amazon調べ-詳細)

-フィットネス