フィットネス

マイプロテイン「スマートシェイク ライト 1L」はおすすめしない!ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」がおすすめ!

リーズナブルなサプリで人気の高いマイプロテインですが、大きめのシェイカーボトルが欲しくなったので、マイプロテインから発売されている「スマートシェイクライト1L」を使ってみました。

「スマートシェイクライト1L」の使い心地はどうなのか?

結論からいうと、ブレンダーボトルより劣るので、すぐに使うのをやめました。

マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」は、シェイカーボトルとしてはおすすめしません。

本記事では、マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」を買うなら、ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」を買うべき理由を解説したいと思います。

マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」をおすすめしない理由

マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」を使ってみた感想とあわせて、おすすめしない理由を解説していきます。

全体的なデザインはこんな感じ。マットな質感が特徴となっていますが、作りはちょっとチープな感じがします。

マイプロテイン「スマートシェイクライト1L」の全体感

 

表面は材質の問題なのかキズがつきやすいです。

 

底はこんな感じ。大きめのボトルなのでやや洗いにくいデメリットはあります。

 

「スマートシェイクライト1L」を使って一番のデメリットとなったのが、蓋の閉まりが緩いこと。

蓋はこんな感じです。

 

ただし、この蓋はカチッと閉まるタイプではなく、けっこう緩めに作られています。

何回か使いましたが「蓋が勝手に空いていて中身手が出てしまった」ということはありませんでしたが、どうしても不安になってしまいます。

緩めに作られている分、開け閉めは楽という見方もできますが、何かの弾みで勝手に空いてしまう可能性もあります。

ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」がおすすめ

「スマートシェイクライト1L」を使うなら、ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」がおすすめです。

スマートシェイクライトの1Lに対して、940mlとやや少なめですが容量は十分ですし、クリア素材かつ光沢があるので見た目もかっこいいです。

ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」の全体感

 

マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」で不安だった蓋の開け閉めですが、ブレンダーボトルは、蓋のところがカチッと閉まるようになっているので、外れる心配がありません。ちゃんと閉まっているか音で確認できるので安心できます。

ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」の蓋部分

 

また、蓋部分にフックがあるので、指をひっかけて持ち運びができるのも便利です。ジム内で床に置いてあるボトルを持ち上げるのが楽になります。

ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」のフック

 

また、ボトル内の底面は円状になっているので、サプリがより溶けやすい仕様になっています。

このように、蓋の開け閉めや機能性などトータル的にみても、ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」に軍配が上がります。

まとめ

マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」はおすすめしない理由を解説してきました。

マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」は、

  • 蓋が緩いのでしまっているか不安になる
  • 作りがチープ

この2点がデメリットです。

ちなみに価格の面では、

  • マイプロテインの「スマートシェイクライト1L」は、1690円
  • ブレンダーボトルの「Pro Series Tritan Pro32」は、2300円くらい

ブレンダーボトルのほうが高いです。

とはいえ、ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」であれば、

  • 蓋がカチッと閉まるので安心
  • デザインがかっこいい
  • フックがあるので持ち運びのバリエーションが増える

こういったメリットがあります。

1Lのシェイカーボトルを買うなら、ブレンダーボトル「Pro Series Tritan Pro32」を購入することをおすすめします。

-フィットネス
-