フィットネス

イアン・バリエール(Iain Valliere)の1日の食事を紹介!

カナダのIFBBボディビルダー「イアン・バリエール」。

まだ年齢も若く、将来も有望されている選手で、その筋肉量が注目されている選手です。

https://www.instagram.com/p/CCju6z6h6h-/?utm_source=ig_web_copy_link

クリス・バムステッドの義理の兄でもあり、一緒にトレーニングをしているのをYouTubeでよく見かけますね。

そんなイアン・バリエールは普段どんな食事をしているのか?

本記事では、イアン・バリエールの1日の食事を紹介したいと思います。

イアン・バリエールの1日の食事を紹介

イアン・バリエールの1日の食事を紹介します。

MEAL1

  • 全卵:2個
  • 卵白:200g
  • オートミール:100g
  • プロテイン(オートミールとミックス)

 

MEAL2

  • チキン:300g
  • スイートポテト:200g

チキンはエアーフライヤーでシーズニングを付けて調理しています。

 

MEAL3

  • 白身魚:400g
  • ライス:100g(炊く前)

 

MEAL4

  • 白身魚:400g
  • ライス:100g(炊く前)

MEAL3と同じ内容ですね。

MEAL5

  • サーモン:200g
  • スイートポテト:200g

 

MEAL6

  • 牛肉:100g
  • 全卵:2個
  • 卵白:200g
  • くるみ:30g

 

まとめ

イアン・バリエール(Iain Valliere)の1日の食事を紹介してきました。

イアン・バリエールの食事は、いかにもなオーソドックスなメニューです。

朝食はボディビルダーおなじみのスクランブルエッグと、オートミールにプロテインを加えたメニュー。

私もよく朝食として取りますが、オートミールとプロテインってめちゃくちゃ美味しいんですよね。

特徴を強いてあげるならば、最後の食事でしょうか。

牛肉と卵を混ぜて炒めたもの、それとくるみを食べていますね。

参考動画こちら。

 

今回はコンテスト向けの食事なので、カロリーは抑え気味ですが、オンシーズンでも同様のメニューで炭水化物の量の調整しているだけかと思われます。

かなりシンプルなメニューなので、参考にしやすいと思います。

朝食に使っている液体卵白は、日本ではほとんど見かけませんが冷凍卵白として購入することができます。


 

関連記事:筋トレ・ダイエットにおすすめの宅配弁当サービス厳選した5つを紹介!