フィットネス

【カロリーカットに便利】PAM(パム)スプレーをレビュー!

2019年8月30日

筋トレ・ダイエットなど体づくりをしている人や、健康に気を使っている人で気になるのが料理の油。

油はカロリーが高く太る原因になりやすいので、できるだけ省きたいとことろ。

そんなときに便利なのが、スプレー式オイルの「PAM(パム)のクッキングスプレー」です。

健康に気を使っている人や、筋トレ・ダイエットで無駄な脂質を取りたくない人にとっては非常に便利です。

実際に使ってみて、想像以上に便利だったので紹介したいと思います。

「PAM(パム)スプレー」の商品情報

PAM(パム)スプレーは、カロリーカットに最適なオリーブオイルスプレーです。

次のような用途に使えます。

  • フライパン
  • 耐熱皿
  • 中華なべ
  • バーベキュー用鉄板

 

サイズ

サイズは、横6.5cm x 高さ25cmとなっています。

重さも340gあるので大容量です。

けっこう大きめスプレー缶の高さは25cmくらいで、一般的なヘアスプレーより大きいです。

PAM(パム)スプレーのメリット・デメリット

PAM(パム)スプレーのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

PAM(パム)スプレーのメリットは次のとおりです。

余計な脂質を抑えられる

これが一番の理由で購入したわけですが、ボトルタイプの時よりはるかに少ない量で料理をすることができます。

フライパンにくっつかずに料理ができる

ボトル式の油の場合、フライパンにまんべんなく敷くことはできませんが、スプレー式はまんべんなく敷くことができます。

22cmのフライパンに軽く2プッシュ振りかけるとこんな感じです。

そのため、材料がフライパンにこびりつくことがなくなりました。

卵を焼いてもこんな感じで綺麗に調理できます。

ほとんど材料のこびりつきはありません。

調理後に洗うのがラクに

フライパンに材料がくっつきにくいため、調理をしても材料がフライパンに残りにくいです。

そのため、調理後にフライパンを洗うのがとてもラクになります。

サッと洗うだけでも十分です。

デメリット

PAM(パム)スプレーのデメリットは次のとおりです。

日本だと手に入りにくい

アメリカだと定番のスプレーなのですが、日本だと入手が難しいです。

たまに楽天市場で販売されるので、入手できる時に購入しておくといいかと思います。

値段が高い

日本で購入する場合、1500円〜2200円くらいかかってしまいます。

ただし、容量も多く、料理をする時の油の使用量が明らかに少なくなるので、十分な価値を感じています。

まとめ

PAM(パム)スプレーは、こんな人におすすめです。

  • 余計な脂質は抑えたい
  • ダイエットや筋トレで肉体づくりをしている人
  • 健康に気を使っている人

PAM(パム)スプレーは、海外ではよく見かけますが、日本ではなかなか手に入らないのもネック。しかも値段が高めなので購入をためらっていました。

しかし、一度使ったらボトル式タイプには二度と戻れないくらい、使い勝手は最高です。

なによりも余計な脂質を抑えられるのが素晴らしいです。

ボリュームもかなりあり長持ちするので、結果的に割高感は感じません。

気になっている人は、ぜひ一度試してみてください。

この記事を書いた人

くりすぷ

筋トレ歴は10年、高たんぱく質メニューを探すのが趣味。当サイトでは、コンビニ、外食、宅配弁当など筋トレ向きメニューを紹介しています。サプリメントレビューもしています。

>>プロフィール詳細

-フィットネス