宅配弁当

ダイエット向け宅配弁当GOFOOD(ゴーフード)を食べてみた感想!筋トレもOK!

健康的な生活、ダイエットを目的としている人のための低糖質・高たんぱくな弁当宅配サービスの「GOFOOD(ゴーフード)」。

ダイエットならGOFOOD

まだ始まったばかりのサービスでメニューが少ないですが、低糖質・高たんぱく質なメニューを提供しており、ダイエットの食事として活躍してくれます。

  • GOFOODって何?
  • GOFOODを食べてみた感想を知りたい
  • GOFOODはどんな人に向いているの?(ダイエット向き?筋トレ向き?)

上記のことについて、実際にオーダーして食べてみた感想とともに紹介したいと思います。

GOFOOD(ゴーフード)の基本情報

GOFOOD(ゴーフード)とは?

GOFOOD(ゴーフード)は、一般的なコンビニ弁当と比べて、糖質97%オフのメニューを1食548円〜とリーズナブルな価格で提供する、糖質制限ダイエット向けの宅配弁当サービスです。

弁当のサイズもS・M・Lと3種類揃えており、自分の求める栄養素のサイズをオーダーすることができます。

調理方法

調理方法は「電子レンジ解凍」と「自然解凍」の2パターンがあります。

【電子レンジを使う場合】

容器のまま電子レンジで、下記の温め時間を目安に加熱します。

  • 500W:約6分30秒〜7分00秒
  • 600W:約6分〜6分30秒

【自然解凍をする場合】

冷蔵庫に移して約24時間かけて自然解凍します

容器のまま電子レンジで、下記の温め時間を目安に加熱してください。

  • 500W:約2分30秒
  • 600W:約2分00秒

 

オーダープラン

定期購入と都度購入があります。

※表示は税抜価格

定期購入5食 定期購入10食 都度購入5食 都度購入10食
3,280円(656円/個) 5,980円(598円/個) 3,480円(696円/個) 6,480円(648円/個)

 

配送料金

配送料金は地域によって異なります。

北海道 2,170
青森県 秋田県 岩手県 1,350
宮城県 山形県 福島県 1,240
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 東京都 山梨県 10,80
新潟県 長野県 1,100
富山県 石川県 福井県 静岡県 愛知県 三重県 岐阜県 1000
大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 兵庫県 940
岡山県 広島県 山口県 鳥取県 島根県 香川県 徳島県 愛媛県 高知県 1,000
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県大分県 宮崎県 鹿児島県 1,100
沖縄県 2,170

※別途消費税がかかります。

GOFOOD(ゴーフード)を食べてみた感想

GOFOODを実際に食べてみた感想を紹介します。

ブロチキ

ブロチキの栄養素は以下のとおりです。

通常サイズ 大盛りサイズ
カロリー(kcal) 323 420
たんぱく質(g) 33.2 43.0
脂質(g) 17.9 23.8
糖質(g) 2.1 2.4

 

全体的な印象として、味付けが薄くストイックなメニューに感じました。

鶏肉はけっこうパサパサしているので食べにくいです。味はほんのりコショウが感じられる程度なのでかなり薄味です。

ノンオイルのドレッシングなどをかけて食べないと、飽きがきてしまう可能性は高いです。

ブロッコリーは鮮度も高く、みずみずしくておいしいです。

鶏肉には多少皮もついているので、皮を取り除くことで脂質を下げることができます。

ポン酢もも肉ステーキ

ポン酢もも肉ステーキの栄養素は以下の通りです。

カロリー(kcal) 354
たんぱく質(g) 37.0
脂質(g) 20.0
糖質(g) 8.4

おいしいですが、全体的にちょっと脂っこい印象があるのと、もう少しボリュームがあるといいなと感じました。

もも肉に皮がついているので、脂質を下げたい場合は取り除いた方がいいです。

野菜は薄味ですが、素材の味がしっかり出ていて新鮮味を感じることができます。

 

塩だれハンバーグ

塩だれハンバーグの栄養素は以下の通りです。

カロリー(kcal) 324
たんぱく質(g) 24.8
脂質(g) 20.0
糖質(g) 13.0

これはめちゃくちゃ美味しいです。

しかもボリューミーなので、食事制限中でもおなかが満たされます。

ご飯を足してバルクアップ食としてもいいかと思います。

トマトソースハンバーグ

トマトソースハンバーグの栄養素は以下の通りです。

カロリー(kcal) 311
たんぱく質(g) 24.3
脂質(g) 18.4
糖質(g) 14.4

こちらもボリューミーでおいしいです。

ゴーフードのハンバーグは選んで間違いないです。

メリット

GOFOODのメリットを紹介します。

リーズナブル

1食あたり一番安くて548円からと、筋トレ・ダイエットなどボディメイク向けの宅配弁当サービスとしてはリーズナブルです。

ボディメイク向けの宅配弁当では、1食あたり1000円以上するのが普通なのでお財布にも優しいですね。

低糖質・高たんぱく質なのでダイエットに最適

糖質が2〜3gしかないので、ダイエット食としてはかなり優秀です。

もし炭水化物が欲しい場合は、ご飯を自分の目的に合わせた量を加えるだけなので調整がしやすいのもメリットです。

3サイズ展開なので栄養調整がしやすい

S・M・Lの3サイズ展開で、変わるのはチキンの量です。

自分の目的に合わせて栄養素をチョイスできるのも嬉しいところ。

デメリット

GOFOODのデメリットを紹介します。

メニューが少ない

本記事を書いている時点では「ブロチキ」の1種類しかありません。

こればっかりだと飽きてしまうのがデメリットです。

 脂質が高い

ブロチキの場合、以下のように脂質が高いです。

  • S:17.9g
  • M:23.8g
  • L:29.6g

ローカーボダイエットをしている人にとっては問題ありませんが、PFCバランスを意識している人や、脂質を抑えた食事をしたい人は注意が必要です。

容器が大きい

プレートパッケージは以下のサイズとなっています。

  • 縦16cm
  • 横24.5cm
  • 高さ5.4cm

食材の内容量に対して、パッケージのサイズが大きいので冷凍庫を圧迫しやすいです。

他の宅配弁当サービスに比べると、大きさが目立ちます。

気になるQ&A

メニューは他にあるの?

今のところ「ブロチキ」の1種類しかメニューはありません。

しかし、今後増やしていく予定とのことで、さっそく2020年10月から新メニューとして以下の2つが発売されます。

  • チキンハンバーグ
  • 鶏ももステーキ

今までは1種類のみのメニューで利便性がちょっと低い感じでしたが、これからメニューもどんどん増えてくるので期待が持てるサービスとなりそうです。

どんな時に使えるのか?

GOFOODのコンセプトがダイエット向けの低糖質・高たんぱく質なメニューなので、ダイエットの食事としては大活躍してくれます。

では「筋トレをしていてバルクアップしたい人には向いていないのか?」というとそんなことはありません。

自分でご飯などを追加すれば炭水化物をプラスできるので、バルクアップ食としても利用できます。

ただし、PFCバランスを気にしている人は脂質の量を気を付ける必要があります。

また低炭水化物なので、寝る前の食事としても利用することができます。

まとめ

GOFOODを実際に食べてみた感想を紹介してきました。

ブロチキだけだと継続するにはちょっと厳しいかなというのが正直なところ。

今後、チキンハンバーグと鶏ももステーキのメニューが増えるそうなのでそちらにも期待したいですね。

とはいえ、筋トレやダイエット向けの宅配弁当としてはリーズナブルなのは魅力的でです。

GOFOODはこんな人におすすめ。

  • 低糖質ダイエットをしている人
  • 寝る前の食事
  • バルクアップ時(自分で炭水化物を加える)

気になる人はぜひ試してみてください。

ダイエットならGOFOOD

筋トレ・ダイエットにおすすめの宅配弁当サービス厳選6つを紹介!筋トレやダイエットなどのボディメイクにおいて重要な要素の1つ「食事」。 しっかりした栄養を取るには、手作りがベストなのはわかってい...