その他の宅配弁当

【レビュー】びるめし(Birumeshi)を食べてみた感想!

2022年10月4日

筋トレやダイエットなどボディメイク向けの宅配弁当サービスの1つが「びるめし(BIRUMESHI)」。

びるめし(BIRUMESHI)公式サイト

あまり紹介されることがないので知らない方も多いかと思いますが、全国のゴールドジム60店舗以上に導入されていることもあり、栄養素についてのお墨付きもある宅配弁当となっています。

正直なところ、めちゃくちゃ美味しいわけではないですが、それなりに美味しくボディメイク向けの弁当として栄養素は抜群です。

本記事でびるめしを食べてみた感想を紹介したいと思います。

びるめしの基本情報

プラン

びるめしのプランは以下の2種類。

  • Light(ライト)・・・エネルギー:280〜400kcal、たんぱく質:25〜35g
  • Regular(レギュラー)・・・エネルギー:380〜500kcal、たんぱく質:35〜45g

いずれも、5食セット、10食セット、15食セットを選んで購入することができます。

栄養素

各メニューごとに栄養素は異なりますが、各コースのおおよその数値を紹介します。

カロリー たんぱく質 脂質 糖質
Light(ライト) 300〜380kcal 25〜30g 2〜8g 40〜50g
Regular(レギュラー) 380〜500kcal 35〜45g 5〜10g 50〜65g

いずれのコースも、低脂質で高たんぱく質な栄養素となっていますが、ボディメイク向けの宅配弁当の中でも脂質はかなり抑えられていますね。

料金

びるめしの料金は以下のとおりです。

LIGHT(ライト) REGULAR(レギュラー)
5食セット 通常購入:4,959円(税込・配送料込)
定期購入:4,612円(税込・配送料込)
通常購入:6,048円(税込・配送料込)
定期購入:5,616円(税込・配送料込)
10食セット 通常購入:9,547円(税込・配送料込)
定期購入:8,879円(税込・配送料込)
通常購入:11,232円(税込・配送料込)
定期購入:10,422円(税込・配送料込)
15食セット 通常購入:13,954円(税込・配送料込)
定期購入:12,977円(税込・配送料込)
通常購入:16,416円(税込・配送料込)
定期購入:15,227円(税込・配送料込)

ライトで1食あたり最安865円〜991円、レギュラーで1食あたり最安1015円〜1209円となっています。

他にもおかずだけの「牛肉焼いただけのやつ」セットもあり、以下の料金でオーダーできます。

料金
5食セット 通常購入:5,508円(税込・配送料込)
定期購入:5,076円(税込・配送料込)
10食セット 通常購入:10,152円(税込・配送料込)
定期購入:9,720円(税込・配送料込)
15食セット 通常購入:14,796円(税込・配送料込)
定期購入:14,364円(税込・配送料込)

1食あたり最安957円〜1101円となっています。

定期購入の配送頻度

びるめしでは、都度購入と定期購入が選択できます。

定期購入の場合は、以下の間隔でオーダーすることが可能。

  • 1週間
  • 2週間
  • 4週間

定期購入は4回以上の継続購入が必要で、4回未満での解約はキャンセル料として3,000円(税込)が発生するので注意です。

大きさ・サイズ

びるめしの弁当のサイズは3種類あります。

  • 縦19cm × 横14.5cm × 高さ4cm
  • 縦20.5cm × 横15.5cm × 高さ3.6cm
  • 縦23.1cm × 横15.6cm × 高さ3.7cm

10食セットを冷凍庫に入れるとこんな感じです。

弁当を2列並べた時の横幅

 

大きいサイズの弁当を2列で並べても、横幅が33cmあれば問題なく収納できます。

ちなみに縦は5つ重ねると約17cmでした。

弁当を5つ重ねた時の高さ

ピッタリ重なるわけではないので多少の誤差は出るかもしれません。

びるめしを食べてみた感想

びるめしを食べてみた感想を紹介します。

バルサミコビーフ

バルサミコビーフ

ご飯に隠れてあまり見えませんが、牛肉はたっぷり入っています。

牛肉は胡椒が効いたしっかり味付けですが、パサパサしているので単体だとちょっと食べにくいです。

ただ、ご飯全体に水分を含んでいる感じなので、一緒に食べると比較的食べやすくなります。

言い方は悪いですがベチョベチョした感じなので、お箸ではなくスプーンで食べた方がいいです。

バルサミコ酢と胡椒の効いた牛肉リゾットの手前といった感じの味付けです。まあまあ美味しい、といった感じで可もなく不可もなくなメニュー。

チンジャオチキン

チンジャオチキン

よくある豚肉の青椒肉絲のようにどろっとした感じではなく、つゆっぽくなっています。

また、ブロッコリーやパプリカなどの野菜はしなしなになってしまいましたが、味がしっかりしているので美味しいです。

鶏肉のボリュームもあるので、満足できる一品です。

牛肉焼いただけのやつ

牛肉焼いただけのやつ

牛肉とブロッコリーのシンプルな組み合わせで、ご飯はついていません。

ほんのり味付けはされていますが、名前のとおり牛肉を焼いただけという味です。

パサつきがあってやや硬めなので食べにくいのが正直なところですが、肉のボリュームはあるので食べ応えはあります。

びるめしのデメリット

びるめしを使ってみて感じたデメリットを紹介します。

配送日時を指定できない

びるめしでは、購入時に配送日時を指定することができません。

現状では、注文確認メールに返信する形で希望の配送日時を指定することができます。

指定しないと、商品が届くタイミングは以下の期間内となります。

注文確定後、最短で翌々日~7営業日以内にお届け(土日祝休み)

到着予定日は発送が完了したらメールでわかる形なので、ちょっと不便に感じました。

ただし、購入時に配送日時を指定できるようにサイトを改修中とのこと。

ちなみにですが、発送は注文確定後2日後、その翌日には家に到着したのでスピーディーな配送ではあります。

びるめしの良かったところ

びるめしのよかった良かったところを紹介します。

弁当の種類を選べる

メニューを自由に選べない宅配弁当があるなかで、びるめしはメニューを自由に選べるのが嬉しいところ。

届くメニューが固定されていると、あまり好みでないメニューでも避けることができません。

びるめしであれば、好みでないメニューがあれば次からオーダーしない選択ができます。

それに。お気に入りのメニューができれば、同じものを複数オーダーできます。

「初めてでメニューを選ぶのが面倒!」という場合は、「おまかせセット」もあるのでオーダーの自由度が高いのがメリットです。

まとめ

びるめしを食べてみた感想を紹介してきました。

びるめし(BIRUMESHI)公式サイト

正直なところ、味に関しては「まあまあおいしい」といったレベルです。

とはいえ、それなりにおいしく、栄養素も抜群。容器も比較的コンパクトで、スプーン1つで手軽に食べられるのメニューが多いのも嬉しいところ。

また、ほぼ無添加なので、余計な着色料・保存料が入っていないのもポイントかと思います。

気になる方は是非オーダーしてみてください。

関連記事:【厳選】筋トレにおすすめの宅配弁当サービス9つを紹介!

-その他の宅配弁当